痛みや痺れ・悩みからの解放!身心(身体と心神)の総合調整・苦痛者救済超愛術

なぜ生まれてきたか


霊、魂、霊界、霊能力・・・
皆さんは『霊』の存在を考えたことがありますか。私がこのホームページを通して皆様に伝えたい
ことは、皆さんが霊の世界に関心があるか非かでは無いのです。
もしあなたが幸せに生きているのでしたら、それはまことに素晴らしいことなのですから。


・なぜ生まれてきたのか
「人はなぜ生まれてきたのか? なぜ生きるのか?」と、このことについて難しいことがらだと
ずっと長い間問い続けられてきていますが、以外なことに実はこのことはすでに明かされて
いることなのです。このことについて、種々の書物や各種の団体等が手を貸しているように
みえますが、その役目は本来であれば良識のある各種の宗教がになう役目であると思うの
ですが、そのことについてはいずれも本来の役目から外れてしまっているせいか、
このように現在に至っても知る機会がなく、たびたび取りざたされているようです...

「あなたが生まれることを意志したからこそ、こうしてここにいるのです。」・・・それが答えです。
私たちの本来の世界である霊界から再生を願い出た魂が、時を選び、親を選び、環境を選んで
それにふさわしい母体に宿るのです。皆さんは無意味、無目的に生まれてくるのではありません。
それぞれに霊界との約束である、地上での生きる人生の目的を持って生まれてきているのです。
霊が生物の身体に宿って初めて生物の活動が始まるのであり、主役は魂であり、身体はただの
道具にすぎません。なお、日本では霊が生物の身体に宿っている間は「魂」と呼び、身体から
離れたら「霊」と呼んでいます。しかし英語では霊も魂も「soul」と呼び、区別をしていません。

魂とは「生命」、魂とは「意識」のことです。また霊が進化するために無限の星が存在している
のであり、その星にいる生物に宿り、生活を通して魂を磨いているのです。
地上に生を受ける時点で、地上で何を為すべきかは魂自身はちゃんと自覚しております。
何も知らずに誕生してくるのではありません。地上界に生まれてきた目的は、「魂を磨くこと」です
から、種々の体験・時には試練を乗り切ってください。乗り越えられない苦しみはありません。
それは地上を去って霊界に戻ってから、大きな喜びとなるのです。それが霊性の向上であり、
それを期待して待っている人が、本来のあちらの世界には大勢いるのです。

・死後の世界について
誰でもが生またれ瞬間から死に向かって歩んでいますが、やがて死は訪れます。
人間は肉体だけじゃなくて、本質は霊であることを理解しなければなりません。
『人間は死んで霊になるのではなく、すでに霊なのです。肉体を携えている時は魂ともいいます。』
生きてる間の人生についての知識は必要としますが、死に対して知識を得ようとはしません。
このことは本来宗教が果たすべきですが、現状ではいずれも残念ながら期待できません。
時が来て死後どのようになり、どこへ行くのか、正しく少しでも理解していれば、死に対する
恐怖心は少しは薄れるのではないでしょうか。
私たちは先人たちの研究からその結果、霊が実在するということが分かると、“死”の先に
本来の世界である「魂のふるさと」で、もう一つの“生”があることを知りました(人は死なない)。

そして、この世から去った肉親や友人が今も本来の霊として“生きている”こと、を知りました。
これらのことは、先人達が研究していくことによりスピリチュアリズムとなり『霊的真理』と
出会うことができ、なかでも「シルバーバーチの霊言」は誰にも分かる言葉で、人間として
生きていく上で当たり前のこと、人類史上最も優れた通信で、スケール、内容の深さ、分かり
やすさ、正確さ、という点で他を圧倒しています。まさに人類が手にした最高の叡智と言えます。

・霊的障害(憑依)について
人が亡くなると魂が肉体を離れますが、霊界へと本来住むべき世界へ帰るのです。
われわれ人間はこの霊界と人間界にて、魂を成長させているのです。
しかし、幽体の身体と意識がはっきりしているために自分が死んだ事に気付かずに帰るべき
世界でなく、現世で生きていた時の生活を続けてる魂もいるようです。憑依はその魂が死後に
ついての無知のため、さまよい本来の進むべき道を外れて、生きてる人にとり憑く現象です。


「スピリチュアリズム」は、
霊界の高級霊団によって組織された「地球人類救済プロジェクト」です。
人類が地球上に誕生して以来、何十万年という長い時がたっていますが、その中で
最大規模の大事業が、今はじめて霊界の高級霊団によって進められているのです。
高級霊の働きかけの最大の目的は、地上に「霊的真理」をもたらすことです。

スピリチュアリズムとは、心霊主義(精神主義)・幽霊や霊魂・オカルトまたは宗教といった
ような、一般的な人にはなかなかなじめない存在のものだけではありません。
人類は“死”や“死後の世界”について、知る機会も教えるなどいうきちんとした組織もなく、
霊的事実を知らなかったために、人類のためであるはずの各種の宗教が起こりましたが、その
いずれもが挫折し、根本的な霊的改革を引き起こすことができないまま現在に至っています。
地球上に蔓延している“悲劇”をなくして人類を救うためには、悲劇を発生させた元凶である
「霊的無知」をなくすことが何よりも必要となります。つまり、人類に“死”の意味と“死後の世界”に
ついての正しい知識・情報をもたらすこと、が不可欠となります。

現在、スピリチュアル・ブームが到来して「霊の存在」が当たり前のことがようやく認められ、
テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられて、社会的にも認められつつある状況です。
ところが、スピリチュアルというと何か心地よい感覚になってしまい、自称スピリチュアリストや
霊媒をかたる詐欺師などによる霊感商法の被害にあってしまう、というケースも多くあります。


(参考)◆『シルバーバーチの霊訓』ほか、『霊性進化の道-【スピリチュアリズム普及会】HP』
     ◆『あなたとは何か-【心霊研究会】ご案内のトップHP』


memo.
《滞帰霊》=「未帰還の霊」の意。
ー工事中ー

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

NOZZEとは